善玉菌を増やすと体調が良くなるのを実感

善玉菌を増やすことで、腸内環境が整い、体調変化や便秘改善、肌の調子が良くなったりと良いことがたくさんあります。 善玉菌を増やす方法にはオリゴ糖や乳酸菌、食物繊維をバランスよく摂取することが必要になります。良いとされる商品には、ヨーグルトやキムチ、味噌といった発酵食品や牛蒡、芋といった繊維質の食事が挙げられます。

私自身も以前は特に便秘が激しく医療機関に受診しているほどでした。しかし、毎朝、ヨーグルトや牛乳といった食品をはちみつで食べることで、腸内を刺激すると共に乳酸菌やオリゴ糖を取りました。また、小腹が空いた時には、洋菓子や和菓子といった砂糖をメインに使った菓子などを取るのではなく、こんにゃくを食べたり、牛蒡を使ったお菓子などを食べるようにしました。効果はすぐに現れませんでしたが、一週間が経つと大便でのトイレに行く回数は増えてきました。また、二週間目辺りから一回に出る量も増え、排出後のお腹のすっきり感が違っていました。この頃から徐々に肌にも変化があり、ニキビといった吹き出物がなくなりました。

善玉菌を増やすことで体調が良くなることを実感し、現在もこの善玉菌を増やす方法を食事で取り組んでいます。

生きたビフィズス菌を腸に届けられるビフィーナS

ビフィーナSは、ビフィズス菌を生きて腸まで届けることができるサプリメントです。ビフィズス菌は、胃酸や熱に弱い性質があるため、生きたまま腸に届くことがなかなか困難な物質です。

そこで森下仁丹では、ビフィズス菌を生きて腸まで届けられるように、ダブル皮膜の耐酸性カプセルであるハイパープロテクトカプセルを独自に開発しました。このハイパープロテクトカプセルに入ったビフィズス菌は、約90%の確率で腸に到達することができるようになりました。さらに、働きを助ける乳酸菌と、栄養を与える役割のオリゴ糖を配合することによって、よりビフィズス菌を活性化させることができました。

1回分の容量の中に、50億個のビフィズス菌と、10億個の乳酸菌が含まれています。オリゴ糖が含まれている顆粒タイプのものが苦手な方には、オリゴ糖が含まれていない錠剤タイプのものもあります。旅先などの外出先でも気軽に持ち運ぶことができ便利です。手軽に摂取できるサプリメントとなっていますので、長期間でも続けやすいものとなっています。

ビフィーナSは、食品ですので、食前食後を気にせずいつでも飲むことができます。毎日継続して服用することで、効率よくビフィズス菌と乳酸菌を摂取し、体の調子を整える効果を得られます。

更新履歴